ヘッドハンティングされて入った会社は待遇が最高です

ヘッドハンティングには依然として、ネガティブな意見が付いて回ります。給与や待遇が良かったのは最初の数か月だけで、研究データや機密事項さえ知る事が出来たらすぐに捨てられただとか、ヘッドハンティングされたはいいけれど、ヘッドハンティングされたというプレッシャーから、思うような成果を出す事が出来なかった等々、悪い噂はいくらでも出てきます。でも、私はそんなヘッドハンティングで実際に成功した人間なんです。


以前勤めていた会社は、特に可もなく不可もなく至って平凡な中小企業でした。特にそこの待遇に不満が有った訳でもありませんが、今の会社の社長にうちの会社に来ないかと声をかけられた時には何故か二つ返事でした。その会社では給与も1.5倍に増えましたし、残業も減り、自分の時間が使えるようになりました。上司と部下の風通しも良好で、本当にこんな会社って有ったんだなと初めは頬をつねりたくなる事も多々ありました。

中途採用|ライフネット生命中途採用サイト

ではこんな例もあるのにネガティブな意見が多いのは何故なのか。私が思うに、それは嫉妬や妬みからくる、負の感情なのではないでしょうか。自分より劣るあいつがヘッドハンティングされるなんて何かの間違いだ、きっと何か裏が有るに違いない、絶対に成功するはずがない。こういう風に自分のこうなって欲しいという願いが入り混じった妄想をする事で、実際には成功していても、頭の中では失敗だと変換されてしまうのだと思うのです。

実践キャリア・アップ戦略 - 内閣府

他人の不幸は蜜の味とは言いますが、他人の成功を一緒に喜べる人になりたいですね。