転職するタイミングっていつがいいんだろう

2010年代に入り、現在働いている職場を変えること=「転職」は、インターネットを利用することでシステム的に整理され、よりその敷居を下げることとなりました。2014年現在では、このインターネットを媒体として転職を支援する企業が多数存在することとなり、若者を中心に中高年まで対象を広げ、転職を希望する優秀な人材をサポートしています。

さて、では実際にこれらのサービスなどを利用しようとする場合、実際にはどのようなタイミングで転職を志すのが良いのでしょうか?

実は、この「職を変える」という事柄には諸説色々あり、一概に「こうするのが良い」と言い切れないのが現状です。例えば、ある程度経験を積んみ年齢を重ねた方からは、「辛くてもある程度我慢して勤めるべき。少なくとも3年は同じ会社にいましょう」という主張が多く聞かれますし、若者層に同じことを聞くと、「まだ若いなら、早めに自分がやりたい仕事に転職した方がいいのでは?その方が結果的に有意義だと思います」と答えるケースが大半です。このように「転職するタイミング」に関する見解は、年代によって大きく考え方が分かれる傾向があるのです。

しかし、これを読んでいるあなたが、もしも「転職するタイミングっていつがいいんだろう」と考え始めているなら、それは今の職場に不満があったり、将来の展望に自分が納得していない証拠です。転職するかしないかは別として、一度現在の仕事について、客観的に見つめ直してみるべきタイミングにきているのだと思われます。